矢向の斉藤歯科:横浜市鶴見区 │ インプラントなら斉藤歯科
HOME>咬む力の回復具合

咬む力の回復具合

術後以前と同じように咬めるようになるのか
元の歯の咬み具合とほぼ同じ機能の回復が望めるようになってきました。
つまり、とりはずしの入れ歯やプリッジよりもよく咬めるはずです。これはインプラント治療直後のことだけを指摘しているのではありません。
前にも述べましたが、人エ歯根は他の歯に負担をかけず、一度骨としっかり接着してうまく機能すれば簡単にダメになるものではありません。
入れ歯やプリッジのように他の歯に負担をかけませんから、人工歯根以外の残存歯の寿命が延びるということです。
しかも、人工歯根を適用すると決まれば術前、術後に徹底して歯周病対策を実施しますから、人工歯根と共に残りの歯も長く使用できるようになります。
これは表面に出てこない大きなメリットです。


また、プリッジの場合は隣の歯を削られることを我慢すれば、動かないのだから人工歯根と同じ機能回復が望めると考えがちですが、これは違います。
プリッジの場合、欠損している部位の隣の歯の咬む面 (咬合面)を完全に削除し、新たに人工的に咬合面を作るので、絶対に元の状態には戻り得ません。歯の咬合面形態は人が何十年間も食べ物を咬んで きた結果、その人固有の歯の擦り減りの跡が刻まれているのです。
人間はミクロンの単位で高い、低いを敏感に感じます。
プリッジでは大きく削られてしまう欠損部隣在歯の咬合面を、人工歯根の場合は全く削らないどころか、それらの歯に調和するように作りますから、本来の咬み合わせに限りなく近い状態を再現できるのです。