矢向の斉藤歯科:横浜市鶴見区 │ インプラントなら斉藤歯科
HOME>インプラントの適応者

インプラントの適応者

どんな人に適しているのか
何らかの原因で歯を失った時、その欠損部を補う方法として考えられたのが人工歯根です。
特別な持病のある方を除いて基本的にはすべての人に適しているといえるでしょう。
食物を咬む能力、装着感、審美性、残っている歯への負担、
どれをとってもこれまでの義歯 (とりはずしの入れ歯、図)
プリッジ(固定式、図)
より遥かに優れています。
大臼歯を一本抜かれると、咀嚼機能は大きく損なわれますが、すぐに人工歯根を埋め込むことで元の咬み心地が甦り、他の歯に影響を与えることはありません。
現在では当たり前の治療となり、欠損部補綴の第一選択なのです。
 
取りはずしの入れ歯図   プリッジ