矢向の斉藤歯科:横浜市鶴見区 │ インプラントなら斉藤歯科
HOME>インプラントの寿命

インプラントの寿命

どのくらい持つものなのか
患者さんにとって最も気になる点の一つです。
結論を先に述べますと、現在では「十分長く持ちます」と言うことが可能です。
一旦、骨に生着した人工歯根はメインテナンスをしっかりと実施すればダメになることは殆どありません。

人工歯根には少なからぬ費用と手術といぅ我慢を強いられるので、できることなら生涯使いたいものです。
20年位前ですと実は何とも答えられませんでした。
長期間使用できた症例もあったのですが失敗例も多く、確たる予測をすることは誰にもできなかったのです。
しかも人工歯根の素材や形状、術式がどんどん変化していたのです。
ではその頃われわれは何と説明していたかといぅと「これこれのタイプの人工歯根を何例経験し、そのうち何例が現在も使用可能です」としかお伝えできませんでした。しかし15年位前から事態は―変したように思います。特にこの10年間の進歩には目覚ましいものがあります。


ところで、人工歯根の矢敗にはいろいろなケースがありますが、二つ取り上げてみます。
一つは、埋め込んだ人工歯根が骨と十分に接着しない場合です。十数年前には頻発しましたが、最近では人工歯根の表面形態とその性状の改良により、不十分な接着は激減しました。

もう一つは、最終的に冠を装着し、一時的に(例えば2~3年位)食事が可能であってもその後、不具合が生じてくる場合です。人工歯根は虫歯にはなりませんが、歯周病には罹患します。従って、最終的な冠の装着後は定期的なメインテナンスが非常に重要なのです。