矢向の斉藤歯科:横浜市鶴見区 │ インプラントなら斉藤歯科
HOME>人工歯根とは

人工歯根とは

人工歯根 (デンタルインプラント)とは
人工歯根とは失われた歯を人工材料により再生し、元の自然な状態に
限りなく近づげて、その機能回復を目指すものです。
人工歯根は最近10年間で劇的な進歩を遂げ、当り前の治療法となりました。現在、歯科診療の最前線では失われた歯の機能回復には第一選択として人工歯根を考えるようになってきたのです。
世界中で多くの症例を重ねることにより、安全で長持ちし快適に食事ができることが実証されています。不幸にして歯を失った場合、一般の人々が抱いている歯科診療に対する通念は一変したといってよいでしょう。
術前診断、治療計画、手術とインプラント冠製作、そしてメインテナンスが適確に実施されれば、予後不良症例は激減し、快適な食生活を取り戻すことができます。

これ迄の治療法は、
取りはずしの入れ歯 (図)か、前後の歯を削るプリッジ(図)
のどちらかしか選択肢はありませんでした。
これらの義歯を装着すれば、残存している自分の歯は過大な負担を強いられ、やがて抜歯の対象になることが多かったのです。
これに対し人工歯根は現存している自分の歯に―切負担をかけることはありません。
画期的な治療法が確立されたのです。
 
取りはずしの入れ歯図   前後の歯を削るプリッジ図